さよりです。

仕事は複数、持っています。
いわゆる複業です。

キャッシュポイントがいくつか欲しかったのです。
というのもありますが、何よりも重要なことは、

自分のバランスを保つために必要

複数の仕事たちは、わずかながらに共通点はあるが、
大きいカテゴライズで見ると全然違う性質のものばかり。

性格判断でも資質分析でも、気質分析でも、
私はいつも、相反するものを同時に持っているんですよね。

ストレングスファインダーですら、
「え、これとこれが上位5つに入るんだ!」

と、驚かれたくらい、相反するものが
資質上位5つの中にあったくらいです。

何をするにも、極端な傾向があるのは
相反するものがいつも根底にあるから、
なのだろうなと分析しています。

セラピストとネットショップオーナーもそうですし。

引きこもりたいから、人に接さずに済むから
ネットショップをしていると言いながらも、
横浜時代は、週3でバリバリ営業してました。

親元に帰ってきてからは、家業を手伝っています。
家業は、両親が経営する鉄工所。

 

以前は、大の苦手な事務仕事をしてたけど
叔父様が引退したので、今は、現場も手伝ってます。

現場では、多動が活かされてるようで
中々、自己満足出来てる感じです。

おかげさまで、弟からも
「手が早い」とよい評価を頂ています。
「溶接したらいいのに」とスカウトされるほど。

そして、、、
両親の会社でも、やっぱり「IT担当」

なんか・・・すごくオールラウンドで
マルチに活躍できてないか?私。
と、ふと思ってしまいました。

パソコンと無縁で全く触らない弟から、
「パソコンが出来るように・・・」

とご要望がありました。
「・・・」はたぶん、「なりたい」という言葉が
入るのではないでしょうか。

末の弟から「マニュアル作ってあげて」
と要望があったので、

誰が見ても、手順通りすれば出来る
というマニュアルを作りました。

実は、マニュアル作りは、昔から
かなり高評価でして。

言語とコミュニケーションの知数が低い
というのが、良いように活かされているのではないか。
と、客観視しています。

人が作ったマニュアルや仕様書をみたときに
私、いつも、意味不明で・・・。

他の人に、訳してもらうというか、
分かりやすく説明してもらわないと
理解が出来ません。

そのときにいつも思うのが、
「だったら、●●って書いてくれたらわかるのに」
なのです。

教えてくれる人は「行間読めばわかるんだよ」
といわれるのですが、

行間読むって、行間に文字はないし。
それ、意味不明・・・、なわけです。

なので、私が作るマニュアルは、
いつも自分が、「●●してくれたらいいのに」

というのがふんだんに盛り込まれているので、

 

「これさえあれば、私でも簡単に出来る!!」
「めっちゃわかりやすい~~~~」

 

と高評価なわけです。

 

 

例えば・・・肉団子作って。と言われたら、
「直径何センチくらい」とか、
「親指と人差し指で輪を作った感じの大きさ」とか。

そして、一番大事なのは、
「その時人差し指の爪は親指で隠れるように」
など、一般的なマニュアルだと
「行間」に書かれているらしきものも、
私はしっかり書きます。

それを察しろと言われていつも困るから。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。




〜ココロとカラダが喜ぶ毎日をお届けしています〜
ココロとカラダのストレスや疲れを解消、
ケアをご提案。

バッチフラワーレメディのお店、
ネットショップNaturaln
http://www.naturaln.com/



明石・神戸・大阪
いいね!やシェア、ツイートして頂けたらとてもうれしいです。
いつもありがとうござます。