「限界って自分で作ってるんですよね。
自分で作った限界なんて大したことなくて。
自分で作った限界って乗り越えられるんですよ」

さよりです。
上記の言葉は、子どもたちが通う塾で、
防衛医大に進学した先輩の
インタビューでの言葉です。

先輩は、医師になりたくて、
子供時代から勉強を
熱心に頑張ってらっしゃったそうです。

これから高校3年生。
かなり成績もよく、順調に進めていけば、
「どこの医学部行こうか」と選べる状況だったそうです。

そんなとき、自営業のお父様がケガをして、
仕事が出来なくなり、廃業されたそうです。

受験生としてスタートする4月に、
先輩は塾をやめました。

お父さんの廃業で、塾費用が払えない。
というのが理由でした。

その2年後の春を迎える少し前に、
先輩は、

「防衛医大 合格」

という知らせをもって、塾に現れたそうです。

1年浪人して、自力で、防衛医大合格を勝ち取ったのです。

その後、防衛医大を卒業して、
辞令に従い、お仕事に就き、
防衛省で医師として働いているそうです。

「どうしてもお医者様になりたかった。
だけど、満足に生活出来るお金すらない状況。
防衛医大は、学生の間もお給料がもらえるから、
家族に仕送りが出来る。家族も落ち着く。
卒業後、辞令通りに従事すれば、学費ローンはゼロになる。
支払いの負担からも解放される。
医師になるために、防衛大を選んだ。」

とのこと。
そして、そのあとに話してくれた言葉がこちら。

「限界って自分で作ってるんですよね。
で、自分で作った限界なんて大したことなくて。
自分で作った限界って乗り越えられるんですよ」

最後までお読みくださり、ありがとうございます。




〜ココロとカラダが喜ぶ毎日をお届けしています〜
ココロとカラダのストレスや疲れを解消、
ケアをご提案。

バッチフラワーレメディのお店、
ネットショップNaturaln
http://www.naturaln.com/



明石・神戸・大阪
いいね!やシェア、ツイートして頂けたらとてもうれしいです。
いつもありがとうござます。