さよりです。

先日、二男が生まれて初めて登校拒否をしました。

幼稚園も保育園も託児所も
拒否ったこと一度もありません。

そんな彼が、電車通学2日目にして、
学校を休みました。

学校に行きたくない
http://sayolife.com/non-school/

で、私はどうしたかというと、
「ふざけんな!!!!」
と、怒鳴りました。

登校拒否した理由は、

 

電車がキツイから。
精神的に無理。
明日から頑張るから
今日だけは許して。

 

怒鳴る前にも色々あったのですが、、、

勉強して、近所の公立に行く選択肢も
あったわけです。

成績を上げたら良かっただけです。
上げるだけ。

ですが、動画だの、ゲームだの
受験生とは思えない生活をしてました。

成績が足らないのは、とっくにわかってて、
そのための塾も行ってましたが、
頑張ってもいたけど、私からすると
遊んでる時間の方が多かった。

とてもじゃないけど、受験生というには、
足らなさ過ぎな生活をしてました。

「散々、言ったよね、
通うのは大変だよって。
電車、キツイよって。
だけど、それでもいい。といって、
遊びに時間費やして、勉強しなかったのは
あんただろう。
頑張るって言ったのはあんただろう。
決意したんじゃないの?」

と、彼に詰め寄りました。
詰めるたびに、

「うん!自分だよ!」
「そうだよぉ!!!!」
と、大泣きしながら怒鳴り返してくるので、
(ここは、私にとって安心ポイントでした)

「だったら、学校に行けよ!!!!
ここに行きたいっつたのは、自分だろう!
ふざけんな!!!!」
と、怒鳴りました。

「もう今日は無理ー!!!!」
地団駄踏んで大泣きしてわめき散らして・・・
不謹慎かもしれませんが、
実は、心配するより、安心しました。

ちゃんとSOSが言える。
気持ちを切り替えるために、
休む時間が必要なんだと、
ジャッジして、実行する力もあります。

誰かに何か言われるかもしれない、
という、被害妄想もなく、

私に怒鳴られても、
必要!と実行出来る根気。

二男の持つ、生きようとする力に、
感動し、尊敬すらしました。
私には、ないパワーです。

愛おしい。

こういうとき、私は、
いいも悪いもいいません。

「好きにすればいい」と伝えます。

で、彼は、
「明日からは、這ってでも学校に行くから。」
と言って、1日寝て過ごすことを選択しました。

自室で呑気にゲームして過ごしてた長男は
大声出してる私たちに、
何よりこの時間に聞こえる二男の声に驚いて、
リビングにやってきました。

入れ違いで、二男は自室に。

ここでも一つ感動することがありました。

長男は「どうしたの?」
と、二男のあとを追って、
二男の部屋に行ってしまいました。

長男は、しばらく、
二男の部屋にいてくれました。
私に声をかけるのではなく、
二男に声をかけて、二男の側にいてくれました。

安堵しました。
兄弟で助け合って生きていけます。
私に何かあっても大丈夫だと思いました。

別に何もないけど、ひとり親なので、
子どもたち同士、やっぱり思いやる気持ちとか、
結束力とか、強く持っててもらえたら。
と思うわけです。
(勝手ですね、好きで離婚した都合の帳尻を
子どもに押し付けてるのはいつも反省です)

そして・・・
その日、帰宅したら、なんと!!!

リビングがとってもきれいでした。
いつもは、私が畳んだ洗濯物が
放置されています(片づけない子どもたち)
それが一つもありませんでした。

そして、洗濯途中だった洗濯物は、
干されていました。(長男がしてくれました。)

さらに!!
汚れたままの食器など、
物をたくさん放置して出かけたシンクは
キレイに片付いていました。(二男です)

さらに!
夜、夕食後の洗い物を二男がキレイにしてて、
気づけば、長男と姫が、翌日のお弁当の仕込みを…

素晴らしい。。。。。

 

おかん、感動

 

 

「好きで仕事ばっかやってんじゃないもん!!!!
(実は好きでやってます)
ママだって、ゴロゴロしたいし、だらだらしたい!
あんたが頑張るって決意してるから、
ママだって、絶対応援しきれるように
覚悟決めて、頑張ってるのに!!!!!
ばかーーーーー」

と、おかん、叫んだ甲斐がありました♡

ですが、洗濯物がさくっと干されたり
洗い物をしてくれたりっていうのは、
次の日で終了となりました。

 

ちっ。
(こんなもんっすね)

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。




〜ココロとカラダが喜ぶ毎日をお届けしています〜
ココロとカラダのストレスや疲れを解消、
ケアをご提案。

バッチフラワーレメディのお店、
ネットショップNaturaln
http://www.naturaln.com/



明石・神戸・大阪
いいね!やシェア、ツイートして頂けたらとてもうれしいです。
いつもありがとうござます。